QMEブログ

トップページ » Blog » 【好評連載中】~リサの行ったつもり世界紀行~ Vol.6

【好評連載中】~リサの行ったつもり世界紀行~ Vol.6

Posted on March 07, 2021 / In: ブログ

Hello, there!

ここ最近花粉症でハクション大魔王と化しているQMお笑い担当リサです!

先週は連載をお休みしてすみませんでした~

今週は元気にふっかーーーつ!!
さてさて、どこに行くかというと・・

NEW YORK!!! パフパフ~

ご存じ、アメリカ合衆国最大の都市、ニューヨーク!!
ここは行ったことのある人が多いのではないでしょうか。

私もロンドンに住んでいた頃、遊びに行きました。
日本からだと直行便で約13時間かかりますが、ロンドンからだと8時間弱で行けます。
その昔、超音速旅客機「コンコルド」が運行されていたのをご存じですか?
ロンドン-ニューヨーク間を3時間で移動できた、supersonic transportです。
料金はなんとファーストクラスの1.5倍!
もちろん縁なんぞあるわけありません。
縁がないまま、コンコルドは2003年に運行を終了してしまいます。

グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)コンコルド~かっちょええ~

 

コンコルドの話はいいとして(笑)

ここで、今回の特派員をご紹介しましょう!

わたしの大大大先輩、Reiko特派員です!!
(Riekoがふたり続いたことがありましたが、今回はReikoさんです)

Reikoさんは、わたしが東京に転勤になったときの上司。
多分今まで出会った女性の中で一番エネルギッシュで、バイタリティがあって、正義感が強いいわゆる「鉄の女」(笑)
思ったことはオブラートに包むことなく、バンバン発言する。
相手がどんなに偉い人でも、自分が正しいと思うことは絶対に曲げず、たまに大ゲンカになることも。
このキャラなので、日本は住みにくかったんでしょうね。
やっぱり自分にはアメリカが合っていると、若いころ永住権を取っていてアパートも所有していた、ニューヨークに戻っていきました。

現在、Reikoさんは早期退職されて、マンハッタンから車で北に2時間ほど行ったところに、アメリカ人のパートナーと一緒に住んでいます。

ニューヨーク州でも中心地から離れると緑豊かでのどかな田舎風景が広がっているんですねぇ
向こうも今年は雪が多く、毎日の雪かきが大変だったそうです。

グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)Reikoさんのご自宅。大雪が降った時のもの

 

 

それでは、Reikoさんに現在のニューヨークの様子を聞いてみましょう!

Q:現在のコロナ感染者数はどのような感じですか?

今年1月上旬に感染拡大のピークを越え、新規感染者数は減少傾向にあります。
ニューヨークでは昨年12月にワクチン接種が始まり、接種回数は175万回を超えたそうです。
接種対象者は、最初は医療関係、老齢施設、今は65歳以上のシニアとエッセンシャルワーカー(先生、警察、消防、配達とか)です。
大統領の読みでは、5月末までに希望する成人ほとんどが接種可能だそうです。これは先月発表された推測より、2ヶ月も速いです。
第3のジョンソンエンドジョンソンのワクチンが拍車をかけていますね。
ジョンソンエンドジョンソンは、昔東京にいた頃のクライアントです。
懐かしい!!

 

Q:Reikoさんは接種しましたか?

今月4日ついにワクチン接種して来ました。
アポの5分前まで車中で待機、その後1時間程列に並び、書類審査や質問に答えるのに20分かかり、肝心の接種時間はたったの1秒!!
やっと毎朝アポの空き状況をチェックする生活から解放されるとホッとしています。
2回目は、4週間後です。
ちなみに、わたしはモデルナのワクチンを接種しました。

グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)Reikoさんが1時間並んでいた列

 

Q:20分かかったという書類審査や質問は具体的にどのようなものですか?

予約有無の確認、メデイケア(老齢健康保険書)、運転免許証等の提示、それと健康状態に関する質問です。

 

Q:ニューヨークの経済活動の方は?

3月に入り、ニューヨーク市内の様々な経済活動再開に動きが出てきています。
スポーツとエンターテイメントは、この1年ほどは無観客もしくは閉鎖となっていましたが、徐々に再開してきています。

スポーツについては、アリーナやスタジアム内に観客を入れての観戦再開。マスク着用ソーシャルディスタンス要、収容率10%、スタッフ・観客は72時間以内のコロナ感染陰性証明必要…その他の規定もあり。

映画館も3月5日より、約1年ぶりの再開に。マスク着用、ソーシャルディスタンス要、収容率は25%の規定あり。

コンサート、ライブ、演劇などのライブパフォーマンスも4月2日より再開予定。マスク着用、ソーシャルディスタンス要。収容率33%

 

 

ニューヨークに住んで通算30年のReikoさんに、ニューヨークの良い所を聞いてみました

横並びに「他人と同じ」を求められる日本と違い、個性が尊重される国。
そして「私はあなたの意見とは違うわ。何故なら・・・」と自分の意見を持つよう教育されています。
言論と表現の自由が、ニューヨークの街には溢れていますよ。

また、色々な国の人が集まる多国籍国家なので、文化や習慣、言語、宗教が異なります。
すべてを理解することは難しいので、ある程度距離を置き、個人を尊重します。
この街では、各国グルメが味わえます。日本では経験出来ない珍しい食べ物にも出会えます。

反対に、悪いところは?

家賃が高い。
家賃の高騰は「ロケットハイ(ロケットが上がるほど早く、高い)」と呼ばれています。
今やマンハッタンに住めるのは、恐らく王族と富裕層のみ。
固定資産税→家賃→物価と連動して上昇しています。
なので、一般市民は、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクスなど他の区へ流出しています。
私も田舎へ移住する前はクイーンズ区に住んでいました。

なんと、家に洗濯機がありません!
高級コンドミニアムや一軒家には備え付けてありますが、ほとんどの集合住宅は築100年以上であり、水周りの配管が整備されていないため、各個人で洗濯機を持つことが出来ません。
雨の日も雪の日もコインランドリーに通わなければならないのは、とても面倒です。

 

 

では、ここで在住者がおすすめするスポットを教えてもらいましょう!

★ウエストヴィレッジ
マンハッタンで最もクールでおしゃれな地区。
有名な映画俳優・女優からモデル、アーティストが住んでいます。
ブリーカーストリートを日曜日に歩いてブランチをするだけで、もうムードは「Sex and the City」のキャリー。
ミートパッキング地区とつながっていて、マンハッタンで今一番おしゃれな空中庭園「ハイライン」も探索できます。

 

 

★チェルシーマーケット
マンハッタンでも人気のチェルシーエリアにあるこちらのマーケットは、雑貨屋やレストラン、カフェも入っており、内装も可愛くて人気のスポットです。
室内なのでお天気の良くない日にも楽しめます。
Artist&Fleasという、地元デザイナーやアーティスト達のオリジナル作品を扱うマーケットもお土産探しにばっちりです。
人気のロブスター料理もここで食べられますよ。
ハイラインと合わせて行くのがオススメです。

 

 

★ハイライン
南はミートパッキング地区から北は34丁目まで、マンハッタンの西端を2.33kmに渡って続く遊歩道がハイライン

 

 

★ダンボ
ブルックリン橋のすぐたもとにある、おしゃれな観光スポット。
線路跡、石畳のストリート、赤レンガ倉庫、マンハッタンを繋ぐ様々な橋の眺望など、見所盛りだくさんのエリアです。
ブルックリン橋をゆっくり歩いて渡ると約30分。
ブルックリン橋からマンハッタン橋にかけての公園には素敵な回転木馬も。
元工場を改装したショッピング・モール、フードホールには地元の人気店が目白押し。
地産地消を堪能できる数々のショップ、大人気のピザ屋など、昼夜を問わず楽しめる場所です。

 

 

★スタテンアイランド島フェリー
スタテンアイランドとマンハッタン、バッテリーパークの往復フェリーです。
自由の女神をかなり近くから見ることができます。
しかもこれ無料!
高いお金をだせば島までいくツアーもありますが、タダで船にのって自由の女神が見られるのは最高です。

 

 

★トップオブザロック
ニューヨークの象徴であるエンパイアステートを入れた夜景を撮ることが出来ます。
屋上からさらに上に階段で登るワンフロアがあり、ガラス越しでない綺麗な写真が撮れます。

 

 

★グランド・セントラル・ステーション
様々な映画やドラマのロケ地になっているので、観に行くだけでも楽しめます!

 

あと、ニューヨークに来たら是非食べてもらいたいのが、ニューヨーク市民がこよなく愛する屋台メシ、”チキンオーバーライス”。
ピリッと刺激的な辛さとまろやかなソースがやみつきになるおいしさです。

グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)これぞNYのB級グルメ。フードトラックなので、チップもいりません~

 

 

あーーーー、すぐにでも行きたくなりましたね~

ワクチン接種がどんどん進んで、自由に渡航できる日が一日も早く来てくれることを祈るばかりです。

さあ、次回もお楽しみに~

QMEへのお問い合わせ
ページトップへ戻る
電話する メールを送る